Advertisement

フィンランド日常レビュー

新しい生理用品「月経カップ」を使ってみたレビュー【メリット・使い心地】



*生理の話になるので、苦手な方はご注意ください。



最近注目されている、新しい生理用品「月経カップ」


ここ数年、注目されている月経カップ。

月経カップとは下の写真のような、生理用のシリコンのカップ。タンポンの代わりになる新しいタイプの生理用品。


45990512035_3528606a04_o


このシリコンのカップをタンポンのように膣内に入れて、血を受け止めてくれる。フィンランドでは使っている人が増えてきている。仲良しのお友達が使い始め、私も興味が沸いて買ってみた。

オーガニック用品のお店や、薬局で取り扱っている。価格は30€(3800円くらい)。 Made in FinlandのブランドLunetteのものにしてみた。


公式サイトはこちら↓

他にもブランドはアメリカのものなど色々あるけれど、フィンランドだとこのブランドが良く見かける。


カップの大きさは小さいものと大きいものがあって、体型や妊娠経験があるかによって選ぶ。大きいものは妊娠経験がある人用らしいが、私が買ったお店の店員さんは妊娠経験があるけど小さいほうを使っていると言っていたので個人差あると思う。



月経カップのメリット「エコ」と「節約」

Capture

引用元:https://www.lunette.com/


月経カップのメリットいっぱいある。例えば、

  • 数年使えてゴミが出なく、環境に良い
  • 生理用品を沢山買わずにすむ=節約
  • 装着可能時間がタンポンより長い(タンポンは8時間程度、月経カップは12時間まで可能)


環境問題がどんどん深刻になる現代で、出来ることならゴミを出さないように暮らせたらいいと思う。確かに、一回の生理でタンポンも数個、ナプキンも数個ってかなりゴミが出ていると思う。


正直、環境のために出来ることをいっぱい言われると難しいけれど、ラップを使わないようにする、電気をこまめに消すようにするとか簡単に出来ることを変えられるようになればいいなと思う。シリコンカップに変えたのもそんな感じで、自分が出来るエコ活動はしていきたいなと思った。


買うのに4000円くらいかかったけれど、今後数年間タンポンを買わなくていいと思ったらむしろ節約。Lunetteのサイトには、約3回の生理で元が取れると書いてある。



生理用品=ナプキンではなく、選択肢がある!


日本では、「生理用品=ナプキン」というくらいナプキンが主流になっている。

日本の生理用品のクオリティーはとっても高く、付け心地がとっても良い。 なので海外留学や海外旅行の持ち物リストには「生理用ナプキン」とたびたび書かれているし、実際海外の生理用品は嫌いという人に会う。


私もその情報を信じてヨーロッパ生活を始めた当初は日本からナプキンを持ってきた。ある日、日本のナプキンが無くなった時に海外の生理用品を使ってみたら「めっちゃ普通」。インターネットやガイドブックに”海外製は微妙”とことごとく書かれているが、実際は普通。考えてみれば現地の人は、その土地で買える生活用品で生活しているのだし、そこまで悪いわけがない。ヨーロッパはタンポンが主流だけど、もちろんナプキンも種類多く売っているし全く心配ない。タンポンを使うのが怖いという人も多いけれど、実際使ってみると手軽だし夜はナプキンより安心感があるし、気にって使っていた。


「生理用品=ナプキン」という固定概念が強い人がいるけれど、実際は色々な選択肢がある。



使ってみた感想


使い始めは、上手く入れることが出来ず違和感があったけど慣れたらとっても快適。入っていることを忘れそうになるくらい。

量が多い日は、数回カップを取り出して中身を出さなければいけないけれど少なくなってきたら一日入れっぱなしでOK。

45943389371_24e1456349_o


フィンランドのトイレは写真のように個室にも手洗い場がついている場所が多いので、取り出してさっと洗って入れなおしていた。 日本も家庭のトイレは手洗い場が着いているけど、公共の場では中々ない。でも取り出して血を流して、洗わずに入れなおしても問題なかった。手に血がついてしまうけれど、トイレットペーパーで拭いて外の手洗い場で普通に洗えば大丈夫。


シリコンカップはあくまでタンポンの代理品のようなものなので、カップがしっかりはまっていなかったり、いっぱいになったりすると血が漏れてしまうこともある。なので、薄めのナプキンと併用して使う。それでも、量の多い1日~2日目でもナプキンは薄いものを一枚で大丈夫。


生理が終わったら、鍋で沸騰させたお湯の中に入れて10分以上煮沸消毒して次の生理まで清潔な袋(Lunetteは付属の布袋がある)に入れて保存。


まとめ


月経カップは

  • フィンランドで人気が上がっている
  • 値段は4000円くらい
  • 数年使えてゴミが出なく、環境に良い
  • 生理用品を沢山買わずにすむ=節約
  • 装着可能時間がタンポンより長い(タンポンは8時間程度、月経カップは12時間まで可能)
  • 着け心地が快適

人によっては違和感があって使い続けるのは無理だった、とか取れなくなって産婦人科に行った方もいるよう。私も使う前にレビューを見たくて、色々なブログや感想を読んでから使った。

合う合わないあると思うけど、私はとっても気に入ったし今後も使い続けます~!





月経カップが気になった方はクリックお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ



生理ちゃん
生理ちゃん
posted with amazlet at 19.01.28
小山 健 KADOKAWA (2018-06-11) 売り上げランキング: 5,547

1 件のコメント:

  1. チエさん☆はじめまして。
    ブログを拝見させていただき、とても興味を惹かれご連絡させていただきました。
    「趣味を副業に育て上げる」サイトの開発しています。
    まだ事前登録募集の段階なのですが、 もし宜しければ、
    チエさんに見ていただき、
    ご意見を賜われないかと思っています。
    ぜひぜひ☆無料仮登録☆のご検討よろしくお願いします☆

    返信削除

| Designed by Colorlib