Advertisement

さくらももこの本が大好きだった


charles-deluvio-732149-unsplash


小学生のころ、さくらももこの本が大好きだった。


図書館司書で、さくらももこと同じ誕生日の父がおすすめしてくれてさくらももこのエッセイ本を読み始めたのがきかっけだった。


私は小さいころ読書が苦手だった。漫画が大好きだったので、本の面白さに中々気がつけなかった。
さくらももこのエッセイ本も父に進められたから、なんとなく仕方なく読み始めたので大して期待もしてなかった。


でも、読むのが止まらないほど面白い。涙を流しながら爆笑しながら読んだ。
学校図書館で、さくらももこの本を全部借りて、読みたい本がなかったら市の図書館に行って予約して読んだ。

「たいのおかしら」
「もものかんづめ」
「さるのこしかけ」
「そういうふうにできている」
「ももこのおもしろ健康手帖」
「おはなし ちびまるこちゃん」シリーズ

大好きだった。何度読み返したかわからない本もいっぱいある。

昔は特に興味がなかった読書もいまは大好きになった。本を読む楽しさを教えてくれたのは、さくらももこのエッセイ本だと思う。

この間久しぶりにさくらももこの本が読みたくなって、前回日本に一時帰国したときに一冊文庫本をフィンランドから持ってきていた。普段は電子書籍で読むのでほとんど本を日本から持ってこない私なのに、なぜか持ってきていた。しんみりした気持ちになるけど、さくらももこのエッセイ本は笑って楽しんで読みたいとおもう。



さくらももこ先生のご冥福をお祈りいたします。
本当にありがとうございました。

0 件のコメント:

コメントを投稿

| Designed by Colorlib